モンハン ゴッドイーター PSP2∞の共通点 その2

前回の続きです。

2・クエスト受注→現地到着という流れで
 クエストを受けないと基本的には現地に行けない。

普通のRPGとは違うアクション物なので
しょうがないっちゃしょうがないんですが、
2のやり方だと世界の大きさを感じないんですよね~・・・。
携帯機だから容量の問題ってのもありますけども。

例えばゴッドなんかは
アラガミが世界を破滅に
追い込んだとかいう設定なんですが、
行けるMAPはほとんど同じで
「世界」のでかさが分かりづらい。

PSP2∞はどこかの惑星のお話なのですが
あんまり惑星っていうスケールのでかさは
感じなかったな~。

逆にモンハンは世界がでかく感じました。
というのもモンハンって設定があんまり無いんですよね。
どこかの村とか街から始まって、
そこから渓谷やら火山やらと色んな場所に行けるので
想像を膨らませてくれてる気がします。

この「世界」を感じるかどうかって、
結構重要な気がするんですが、みなさんはどうでしょうか?

以前ニコニコ動画で稲船敬二さんが
出演してた生放送番組を見ていて関心した事がありまして、

「昔のゲームはドット絵なのに世界を感じる事ができた。
 それはプレイヤー自身が想像する事で、
 世界を頭の中で作り上げてたから」

みたいな事を言ってました。
(うろ覚えなので微妙に違うかも・・・すいません;)

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!
そう言われると、たしかに昔のゲームは
ドット絵なのにゲーム内の「世界」は広く感じたんだよな~。
それも想像で世界を補っていたのかもしれませんね。

では今のゲームはと言うと、もちろんドット絵ではありませんねw
かなり本格的に世界を作りこむ事はできると思うのですが、
やはり細部まで作りこむとなると、開発費とか開発期間とか
色々と問題もでてきて、厳しくなってくるのかな~・・・。

そこまで作りこんだなら多分オンラインゲームになるだろうし、
オフラインのゲームや携帯機でのゲームで
「世界」を感じさせる事って、やはり難しいかもしれませんね。

あ、このブログで散々やった「Oblivion」は
私は「世界」を感じる事ができたゲームなのでオススメですよ!

最後に思い出した事を一つ、
FFシリーズはそこそこやってたのですが、
9までは世界を自由に飛空艇で飛びまわれたのが、
たしか10ではリストから場所を選ぶだけになっちゃったんですよ。

個人的には飛空艇で飛び回ってた時の方が
「世界」を感じてました。
こういう部分も実は重要だったりするんじゃないかな~?。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

SkyrimSS集
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
現在時刻
プロフィール

msh

Author:msh
mshのブログにようこそ
ゆっくりしていってね!

このブログはリンクフリーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
StyleKeeper
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる