PSP用ソフト「剣闘士 グラディエータービギンズ」第10回

今回は難易度関係の記事です。

「剣闘士」には難易度が4段階ありまして
「普通」「困難」「悪夢」「絶望」の順で難易度が上昇します。

最初は「普通」から始まります。
この「普通」で貴族(パトロン)エンドか
新鋭隊長エンドを迎えると、
最初からゲームを始める時に次の難易度を選択できます。
自由獲得エンドは選んだ事がないので分かりません;。
wikiで確認した所、難易度には触れてなかったので
もしかしたら自由獲得エンドでも次の難易度が解放されるかもしれません。

2週目プレイでは前のプレイ時の装備品や
所持金、通り名、スキルが受け継がれます。
しかしステータスだけは受け継がれません。

またプレイ時に倒した事のあるNPCの一部を
キャラ作成時に選択できるようになります。

難易度が上昇すると敵の攻撃力が上昇し
攻撃頻度も高くなっていきます。
敵が持ってる装備品の性能や
装備品についてる加護の能力も上がっていくので
やりごたえは十分にあると思います。

難易度別で違う所は他にもありまして
難易度「普通」では何日経ってもプレイできるのですが
他の「困難」「悪夢」「絶望」では40日までしかプレイできません。
期間内でクリアできない場合は強制的にエンディングへ向かいます。
このエンディングでは難易度が解放されないので注意してください。

難易度によってリトライ回数も変わってきます。
「普通」の場合は闘技場で倒されてしまっても
3回までならリトライをすることができます。
難易度が上がるにつれてリトライ回数は減り、
「絶望」ではリトライ回数は0です。1回死んだら即GameOverです。

また難易度「普通」ではステータスの最大値が200なんですが
「困難」以上ではさらに上げる事ができます。
闘技場で貰えるポイントも難易度が上がると上昇していくので
強いキャラを作成できるようになります。

説明はこの辺にしといて、
難易度別に感想でも描いてみます。

「普通」では初回プレイもあって死亡する事が多かったですが
リトライする事ができたのでGameOver画面はあまり見ませんでしたね。
装備品も敵から奪った物で大体は間に合いましたし
そんなに苦労はしませんでした。

「困難」に挑戦した時は敵の攻撃力の上昇に泣かされました。
「普通」の時に装備品を強化しなくて、そのまま挑戦したので
装備品が剥がされやすかったのも原因の1つでした。

この時くらいから装備品の強化に走り出したかな?
プレイスキルも大事なんですが、やはり装備品が充実してないと
一発で逆転されてしまう事があるので、「普通」で装備品を鍛えました。
「普通」の日数制限が無いのを利用して
最上級闘士でお金を稼ぎ、装備品強化に精を出してました。

その成果もあって加護を+50まで付け加えた装備品を作成し
「困難」はクリアできました。

次の「悪夢」なんですが、これがまた敵が強いのなんのって・・・
「困難」で活用した装備品を持って、やっと戦えるレベルでした。
実は加護の強化はしていたのですが
装備品の性能はあんまり上げてなかったのが
ここにきて裏目に出てきた感じでした。

そこで今度は性能と加護の両方を揃えた装備品を作成し
準備万端で挑み、「悪夢」は無事にクリアできました。
「困難」で使用した装備品とは別に作成したのが良い結果に出ました。

というのもステータスが引き継がれないってのが厄介で
性能が上がった装備品は重さもかなりあるので
最初からやり始めたキャラでは装備できないんです。
(重量制限を越えても装備はできますが、動きがかなり遅くなります)
なので中盤までは「困難」で使用した装備品で挑み、
後半では「悪夢」用に作成した装備品を使用して勝ち上がっていきました。

そして難易度「絶望」へと向かうのですが
その名の通り、まさしく絶望を覚えるような難易度でした・・・。
「絶望」に関しては次回で内容を詳しく書くつもりです。
参考になるかどうかは分かりませんが、もしよろしかったらお付き合いください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

SkyrimSS集
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
現在時刻
プロフィール

msh

Author:msh
mshのブログにようこそ
ゆっくりしていってね!

このブログはリンクフリーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
StyleKeeper
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる