FC2ブログ

Kindleに入ってる漫画紹介「フランケンふらん」

Snap255.jpgSnap256.jpg
以前から書こうとは思ってたのですが、
何とも機会が無くて先送りにしてました。
しかし続編として復活したので今回紹介します!

フランケンふらんは8巻まで出ています。
Franticは新シリーズで最近発売されました。

表紙は見た目セクシーっぽいですが、
内容は奇妙奇天烈でグロ満載なので
見る人を選ぶ漫画になっています。

漫画の内容は類稀なる外科技術を持ってる主人公のふらんですが
人間的な論理間や道徳がちょっと(かなり?)ズレていますw
しかしその腕を遺憾なく発揮し問題を解決するというのが
基本的な流れになっています。

兎に角ぶっ飛んでる話が多い・・・というかほぼ全部なのですがw
1話目からして滅茶苦茶やっています。
自宅の敷地内で交通事故にあった娘を助ける為に
手術を行ったふらんなのですが・・・。

娘が目を覚ますと体が巨大な芋虫になっていたという展開に。
女の子にとって残酷すぎる話なのですが
長い闘病生活を経てリハビリをこなし、
蛹から羽化する事で人間に戻れるというストーリーでした。

最後だけ見ると良い話っぽい感じですが、
それだけで終わるくらいなら芋虫に改造はしないっつうの!w
て事でまぁ何とも言えないオチが待っています。


蛹繋がりで別のお話も紹介しましょうかね。

4巻に収録されてるのですが、
通常の妊婦さんの出産時のリスクを回避する為に、
胎児を蛹化にして体の外で
育てるという色々な物をぶっ飛ばしてるストーリーです。

ふらんはその研究内容は実験段階で公表してなかったのですが、
他の博士にその方法を盗られてしまいます。
その結果、文字通りの変態出産が話題になるのですが・・・。
という流れになっています。

そもそも自然界における幼虫の生存率が低い事で
散々な結果になる事態になるんですね・・・。
このお話はもう説明しがたいので強制終了!w


最後に胎児繋がりで私が好きなお話でも。

7巻に収録されてるお話です。
次期法王候補の枢機卿が悪魔憑きになったらしく、
医学的なアプローチで原因を探っていく内に、
脳の中に胎児がいる事が判明しました。

手術痕から過去に脳手術をしていた事が分かり、
そこから枢機卿の過去が判明していく・・・という内容です。

昔話題になったES細胞を絡めたストーリーで面白かったですね。
オチを言っちゃいますと枢機卿は
過去に犯罪者として一度死んだのですが、
手術によって生き返りました。
(手術で脳にES細胞が使われたのでは?という仮説です)

罪から逃げる為に教会で真面目に
20年間務めを果たしてたのですが、
このままだと法王になってしまい、
過去の犯罪を知ってる人間に知れ渡ってしまう・・・。

悪魔憑きというのは演技であり、
法王候補から逃れる為の手段だったのです。
ES細胞の手術の結果、脳に胎児を宿した枢機卿は
その胎児を取り出してもらう為にふらんに頼み込む訳なんです。

脳から取り出された胎児は修道女に渡されるのですが、
罪を憎んで人を憎まずといった結果なのでしょうか・・・?
私は何ともいえない終わり方って割と好きだったりしますw

とりあえず何個か紹介してみましたが、
私の文章力では魅力を紹介しきれません!(自覚あり)
なので後は実際にご覧になるのが良いと思います。
「グロ」や「奇天烈」が好きな方は読んでみては如何でしょうか?

そしてフランケンふらん続編おめでとうございます!
次の巻も楽しみに待っています~。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
SkyrimSS集
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
現在時刻
FX初心者の入門講座
プロフィール

msh

Author:msh
mshのブログにようこそ
ゆっくりしていってね!

基本的に日曜の21時に投稿してます
通常日はきまぐれで更新!
内容はゲームか雑談がほとんどです。

このブログはリンクフリーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる