Blenderちょいメモ 2個以上のマテリアルの設定+おまけ

あぶないみずぎを作った時に備品を作ったのですが
試したい事があったのでやってみました。

装備品で一部分だけを光沢にしたかったので、

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-1
(元画像が大きいので、別窓か別タブで開く事をオススメします)

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-2
額当ての宝石の部分と、土台の部分を分けて
別々のマテリアルを設定し、エクスポートしました。

テクスチャは土台部分はDTX1
宝石はDTX3で出力しました。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-3
エクスポートしたnifをNifSkopeで開き
宝石部分のマテリアルのデフォルトカラーを青にしました。

どうも光沢をだした時にかなり白く光るのは
このデフォルトカラーが白になってるからだとかなんとか・・・。
テクスチャの宝石の色が青だったので、
ここも青のちょい暗めに設定しました。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-4
出来上がったのを室内で確認してみました。
今までのより結構テカり具合が抑えられてて、
渋めになった感じです。これは気に入った!

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-5
屋外の昼間のSSです。やはり光量が多いとテカりも目立ちますが
屋外ならこんなもんでしょう。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-6
屋外の夜間のSSです。やはりテカりは抑えられてますね。
今までは意識してなかったのですが、
次からはこういった部分もこだわってみようと思います。

おまけ1
mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-7
女魔法使いの帽子は光沢がいらなかったので、普通にしました。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-8
ちゃんと魔法使いっぽく、先っぽを曲げました。
髪型が後ろを結んでるタイプなので、貫通しまくってますが;w。

おまけ2
mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-10
ついでに髪型や顔をちょっと変えて、それらしくしてみました。
こちらは女魔法使いです。

元ネタのドラクエ3のあぶないみずぎは
女魔法使いは緑色だったのですが、
きわどい水着に緑は合わないと思って、この色にしました。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-9
こちらは女賢者です。こちらも女賢者のイメージで水着の色を変えました。
う~ん、髪型と色を変えるだけでも、結構違う風になるんだな~・・・。
スポンサーサイト

自作MOD 「AbunaiMizugi」

MODが出来上がったので報告します。

自作MOD「AbunaiMizugi」Ver1.0
(クリックするとダウンロードが始まります)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!
ドラゴンクエスト2の「あぶないみずぎ」をOblivionで再現してみました。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!
装備の名前についてるRやWはカラー名です。
(R=レッド W=ホワイト)

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!
ドラゴンクエスト3にも「あぶないみずぎ」があったので
ついでに備品も作り女魔法使いや
女賢者が装備したイメージで作ってみました。
頭の装備以外は手抜き感がありますが、見逃してください・・・。


mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!
頭の装備以外は一つにまとめています。
こちらの装備2つにあるRB WPもカラー名です。
(RB=レッドブラック WP=ホワイトピンク)


mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-場所1
装備の置いてる場所はImperialCityにあるArena Districtにある
銅像の横の箱に入っています。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-場所2
見た目重視で作ったので、
動きによっては装備が肌の内側にめりこむ場合があります。
その辺は申し訳ありません。

くだらない夢を見てしまった・・・。

ぶっちゃけ今回の内容は
下ネタが多いかもしれないので
苦手な方は見ないようにしてください。

さっき曲を聴きながらまったりしていたら
ウトウトしてしまい、そのまま寝てしまったんですが
その時見た夢のお話です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夢の中でも私は寝ているのだが
意識はある状態だった。

次に誰かが近づいてくる音は聞こえてきた。
多分弟だろうと思ってるとガサガサ音がして、
その後顔にちょっと冷たい2つの玉みたいな物がペタっとくっつく。

何だろうと思ってるといきなり「プ~♪」と音が鳴り
そしてやたら臭い匂いが辺りに充満した。
どうやら寝てる私にオナラをかましたらしい。

私が我慢できなくなり笑いがこみ上げてきた。
そして弟に一言「キンタ○が顔につくまで
        尻を近づけるんじゃねぇよwww」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もしかしたら寝てる時に笑ってたかもしれないってくらい
夢の中での私は笑いが止まりませんでした。

なんか書いてる内にくだらない事をもっと思い出してきたw。
今度は過去に実際にあった話です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私には弟が2人いて一緒にTVを見てました。
しばらくすると弟(二人いるので仮に弟1とします)が
弟2に向かって「相撲しようぜ!」と言ってきました。

家の中でやるのかよ・・・と思って私はTVを見ていると
弟1が「よっ!はっ!」と相撲をやってる風に見せつつ
弟2のパンツを脱がしてお尻丸出し状態にして
弟二人がちょうど相撲のまわしを掴んでるような形で
弟2が私の顔にお尻を近づけてオナラをかましました。

私は「屁をかます為に準備しすぎだろwww」と言って
バカ兄弟は笑いっぱなしっだったとさ・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今思い出してもくだらなすぎるわw
昔は兄弟の間で私にいかに屁をかますかという謎のブームがあり
後半私は弟2の尻を防ぐ事に全力を尽くした思い出があります。
ああ、こういう過去があるから、さっきみたいな夢を見たのか・・・。

余談ですが昔「行列のできる法律相談所」というTV番組を見てたら
夫が妻の顔に屁をかけたら罪になるという判決が出てて
それを偶然兄弟全員で見てて爆笑したのは良い思い出です。

私「お前ら捕まるってレベルじゃねぇそwww」
弟二人「いやいや、身内ならノーカンだってwww」

ほんとくだらねぇw

東京ゲームショウ2010関係の動画 その3 「アイドルマスター2」

TGS関連の記事は今回で最期になります。
今回のタイトルは「アイドルマスター2」です。

私はシリーズはやった事がないんですが
ニコニコ動画でよく見かけるのでちょいちょい見たりしてます。

特にアイドルマスターファンによる
MAD関係の動画の作りこみは半端なくて
動画ランキングも昔はゲームランキングに載ってたのですが
今は殿堂入りカテゴリに分類されるくらい人気があります。

ゲームはアイドルを育成してトップアイドルを目指すのが目的だったかな?
プレイヤーはプロデューサーとしてアイドルを担当する感じです。
余談ですがアイドルマスターMAD作成者の名前の最期に
「P」がつくのは「プロデューサー」の略称だったかな。

その人気タイトルに続編が出るとなって、
TGS2010での注目度はなかなか高かったようです。
・・・が、まさかあんなことになるとは。



動画内でもかなり盛り上がってる様子が写されてますが
問題は動画のその3に起こりました。



その3の動画で重大発表らしき雰囲気に流れつつ、
期待してたファンに聞かされたのはなんと「男性ユニット」の追加報告でした。
これは会場にいたアイマスファンは別の意味で驚いたんだろうな~。
実際動画内でもその様子は感じ取れるくらい動揺してる様が見れます。

でもまだこの時はそんなにショックではなかったような意見もありました。
しかし追い討ちをかけるように、さらっと言われたのが
「昔からいたアイドル4人がプロデュースできない」事でした。

アイマスは各アイドルキャラに固定ファンがいるくらい人気なのに
昔からいた4人がプロデュースできないとなって、
会場の空気がかなり変わった様子でした。
(4人はライバルユニットとして登場します。
 完全にいなくなったわけではありません)

ファンからしたら4人削ってなんで男性ユニットを追加したんだ!?
って事なんでしょう。



やはりショックはでかかったらしく、↑の発表後の動画を見ると
ざわめきも余韻もなく、ただ帰る客には悲壮感が漂ってる風にも見えます。

アイマスのファンは「訓練された客」とも言われるくらい熱狂なファンですが
今回のTGSでの発表は期待してたものとは全然違ってたんだろうと思います。

おまけ



総統閣下も相当なお怒りの様子です。

東京ゲームショウ2010関係の動画 その2 「MHP3」追記あり

今回は「モンスターハンターポータブル3」以下(MHP3)です。
私はモンハンシリーズが大好きなので、この情報は注目していました。



MHP3のコラボ企画が紹介されてました。
これはPSP「メタルギアソリッド ピースウォーカー」(以下PW)とのコラボ内容です。

PWは既に発売されてるんですが、PWの方でもコラボ企画はありました。



メタルギアの世界にトレニャーが現れるという衝撃に驚いたもんです。
しかもスネークはトレニャーと会話できるんだから尚更でした。

TGS2010の終了後にMHP3の公式HPでも情報が公開されたので
そちらの方でも詳しく載ってます。

モンスターハンターポータブル3 コラボレーション情報

いや~。昔からCAPCOMはコラボ企画は結構多かったので
PWでやっててMHP3でやらない訳が無いと思ってました。
アイルーがダンボールに隠れる事ができるとか、モンスターの発見音が
メタルギアの「!」の音になったりと、期待を裏切らない内容ですね~。
ほんと楽しみだ!

追記

私のハンドルネーム「msh」の元ネタである「MARVELシリーズ」の最新作
「MARVEL VS CAPCOM3」の最新情報も公開されたようです。



やばいこれ・・・。キャプテンアメリカがこんなに格好いいのはじめて見た。
「トロン」も参戦でこれは期待せざるを得ない。
他にも新たに参戦キャラがいるようです。



ウェスカーは意外でしたが、クリスが出てるなら不思議じゃないか。
そして主役級のキャラ、スパイダーマ!の登場です。
むしろもっと早く出てきても良いのに・・・。許せる!

$mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!

$mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!

個人的にはシュマゴラスやベノムも出て欲しいな~。
MARVELサイドのキャラは面白いのが多いから好きです。

東京ゲームショウ2010関係の動画 その1 「エルシャダイ」

最近「東京ゲームショウ2010」が開催され
ゲーム関係の動画が多くUPされています。

ちなみに東京ゲームショウ(以下TGS)とはコンピューターゲームを含めた
コンピューターエンターテイメントの日本最大規模の展示会の事です。

家庭用ゲームなんかはこのTGSで重大発表をする事が多く
今年も色々と情報が飛び交っている様子です。
今週は私が面白かったと思った情報を紹介したいと思います。

今回は「エルシャダイ」というゲームに注目してみました。
このタイトルは今年発表されたんだったっけな?
情報が少なく、「謎ゲー」として注目されてました。

そのゲームとして動いている動画がTGSで紹介されたんです。



こちらは世界最大規模のコンピューターエンターテイメントの展示会
「E3]での「エルシャダイ」のトレーラーです。





アクションゲームなのは判明したのですが
それより話題になったのが主人公のドヤ顔とちょいきもい風貌です。

そしてなぜこのタイトルに注目したかというと
ニコニコ動画で「エルシャダイ」のMADが最近ランキングに上がってきて
それを見たら見事にハマってしまったからです。





「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」というセリフが
段々ギャグにしか聞こえなくなって、じわじわときます。
テンポもよく、素材が少ないのによくできてる作品です。

対戦ゲームの強キャラ、強武器について

私がガチだった頃については前回書いたので
リンク いわゆる「ガチ」だった頃の話
今回はゲームの「強キャラ」や「強武器」について書きたいと思います。

対戦格闘ゲームでよく聞く言葉が「強キャラ」です。
これはキャラ自体の性能が強い為に言われる言葉で
対戦格闘ゲームをやってる人なら、聞いた事があると思われます。

なぜ強いかは各ゲーム毎に違うのでここでは書きませんが
キャラによってなぜ差が出るかという事は説明できます。
というのもばっさり言うと「個性」なんですよね。

キャラの個性を出すと特徴が抜きん出たりして強くなったり
ゲームのシステムに合ってる場合もあり、強くなったりする時があります。

メーカー側から見るとこういう各キャラの特徴を出しつつ
極端な差が出ないように全体的にバランスを取るのが理想なんですが
どうしてもキャラによって差が出てしまうんです。
(意図として出す場合や、予期せぬ所で
 ゲームをプレイしててプレイイヤーが発見し差が出る時もあります)

でも差を出さないようにすると、キャラの個性が無くなってしまう。
この辺のバランスは非常に難しいとは思います。

FPSでも武器によっては性能が違う場合が多く
強い武器弱い武器ってのは存在します。
この辺は対戦格闘ゲームと似てる部分ですね。
つまりは「個性差」が出てるわけです。

本題にいきます。なぜこの「強キャラ」「強武器」の話を書いたかというと
ペーパーマンで強武器に文句いってる人が問題になってるからです。

元対戦格闘ゲーム出身から言わせてもらうと
(そんなにうまくはなかったのですが、偉そうに見えたら訂正します)
「じゃあ同じ武器使えばいいじゃん」
てな感じで、この一言で終わっちゃうんですよね。

武器の性能差に文句があるなら同じ武器を使えばいいんです。
そうすれば少なくとも条件は「5分」になり、
あとは純粋に実力勝負になるわけです。

対戦格闘の場合はこういう時は「キャラ差」ってのは耳にするんです。
個人的にはキャラの相性だとは思ってるんですけどね。
自分の使ってるキャラが得意とする相手、苦手とする相手はあります。
そういうのはどのゲームでもあるとは思うんですけど、どうなんでしょ?

フォローじゃないけど、あえて「強キャラ」「強武器」を使わないで
勝ちたい気持ちってのは理解できます。
ただ自分の好きなキャラ、武器で勝ちたいってのは
その人個人のこだわりなので
他のキャラに負けた、もしくは差があったとしても
そこは承知でゲームをやらないといけません。
なぜなら「そういうバランスのゲーム」なんですから。

例えばペーパーマンで言うと「K7」って武器が強すぎて
運営が修正入れるといった事がありました。
この場合は強すぎるという意見が多かった為に
運営が動いたんだろうと思います。

後から性能の修正ができるのはオンラインゲームの強みなんですが
これが頻繁に行われるとゲームの信頼を失ってしまうので
修正が入る事は滅多にありません。

今は大体の武器の性能差にみんな納得してるから
今のままで通ってるんでしょう。
なので本当に納得いかない場合は運営にメ-ルを出すなり
行動をしなくちゃ、性能が変わる事は無いと思います。

完璧にキャラや武器の差を無くすとしたら
見た目は違うけど同じ性能にするしか無い様な気がします。
でもそういう仕様にして面白くなるかどうかは、別問題かと。
少しは尖ってたりしてた方が、
意外な勝ち方や戦法が出てきたりして面白いと思うんですがね~・・・。

あんまり極端な性能だとゲームが盛り上がらないし
プレイヤーも離れていくでしょう。
そういう面はメーカー側や運営が腕を振るう部分であり
出された製品はそれで完成してるので、
納得いかない場合でも、楽しめるならそれでいいとは思います。

本気で納得いかなかったらやってないだろうし、
それでイライラしたりするなら
私だったら自分に合ってないと思ってやめてるかもしれません。

私の強キャラや強武器の認識はこんな感じですね。
まあ私自身ネタやギャグで「強すぎるだろw」とかは言います。
けど本気だったら言わずにやめてるでしょう。そんなもんです。

そんなわけなので強い武器や強いキャラを使ってても
別に構わないと思います。もし何か言われたら
「じゃあ同じの使えば?」でいいと思いますよw

いわゆる「ガチ」だった頃の話

最近ペーパーマンでガチ武器がどうとかいう話が出るので
私の感想や意見を載せてみようと思います。
その前に昔話をしてしまいますが少しお付き合いください。
(もしかしたら意見等は次回へ続くかも・・・)

中学生時代にSFCの「ストリートファイターⅡ」が
流行りだした時期がありました。
私の地域も当然かの如く流行り出しまして
友達とよくスト2で遊んでいました。

とはいってもそこはガチなんて概念はなく
いわゆる「ガチャプレイ」みたいな感じで
「波動拳」や「昇竜拳」が出せたらスゲー!といったような対戦でした。

その流行りだした頃に中学校に転校生がきまして
私のクラスじゃなかったんですが、友達がその転校生と仲良くなり
私の部屋で一緒に遊ぶ事になったんです。
(今思うと何かの漫画かって展開ですが、本当にあった話です)

まあその頃やってたスト2をやる流れになるのは当然で
転校生と対戦をする事になったんですね。

いつものようにガチャプレイになったかというと・・・

転校生はザンギエフを使ってたんですが
いきなりジャンピングボディプレス(J↓大P)をめくりで当ててから
(立ち小K)で相手をガードさせ、その小キックの硬直を利用して
スクリューパイルドライバー(一回転+P)を入力して
相手を投げるといったテクニックを使ってきたんです。

当時ガチャプレイでどっちが勝っても笑ってた頃に
いわゆる「キャラの戦術」を持ってきた時の衝撃ったらなかったですね。
その転校生のプレイっぷりに感化されて
私も含めてガチに対戦するようになっていったわけです。

そして高校生になりアーケードゲーム雑誌「ゲーメスト」(現アルカディア)を
見つけてからは欠かさず購入してました。
日曜になったらゲーセンに行く事は当たり前になってましたね。

ガチで対戦した時に勝った喜びは嬉しいもんでした。
ただ友達とやってる時は負け続けた方が機嫌悪くなっちゃうのは
避けられなかったですね~。若かったってのもありますが。

そのガチでやる考え方が変わった事が同じ高校生時代に起こりました。
それは後輩が持ってきたN64の「スマッシュブラザーズ」です。
後輩はゲームは普通なんですが、
他の三人(私を含む)が中学時代からのガチよりだったので
大丈夫か?と思ったんですが、プレイしたら一気に吹っ飛びました。

あれほど楽しかった時は無いってくらい笑いっぱなしでしたね。
まあ「スマブラ」のゲーム方針が複数対戦で
ゲーセンの一対一の対戦ゲーとは違うのは
百も承知で書いてるんですが、それでも楽しかった。

ハンマーの取り合いで我先に取りにいこうとしたら
先に取られて吹っ飛ばされたり、
相手が場外から復帰するのを防いでいたら
後ろから思いっきり殴られたりしたり、色々あって楽しかったんです。

なによりこの時の遊んでたメンバーで
中学時代の転校生もいて、尚且つ楽しかったってのが発見でした。
(転校生も同じ高校にいきました)

この時に「こういう楽しみ方もあるんだ」という考えが生まれましたね。
別にガチじゃなくても全然面白いし、仲間内でも楽しくできる。
もちろん「スマブラ」がそういう風な楽しみ方に特化してるってのもあります。

この辺からプレイスタイルが楽しければ何でも良いやって風になっていきました。
今もガチではなくて楽しさを優先してます。

とまあこんな感じでガチを体験した事もあるので
「ガチ武器や強キャラ」ってのはある程度理解があります。
その辺はやっぱり次回に書きますね。今回長すぎた・・・。

Blenderちょいメモ 2個以上のマテリアルのUVマップ作成

今回はねんどろいどミクのテクスチャ関係のちょいメモです。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-1
(画像が大きいので別窓か別タブで開く事をオススメします。)
ミクのメッシュはパーツが多いので
一つにしたメッシュでUVマップを作成しても
細かい部分が描けないと思ったのでマテリアルを2つにしました。

装備MODチュートリアル第二版にも
マテリアルが複数でもnifにエクスポートできると書いてあったので
試す意味でも挑戦してみました。

まずは頭の部分のUVマップを作成します。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-2
UVマップに出力しテクスチャを描くとこんな感じになりました。
顔や模様がある部分は大きめに設定して
他のベタ塗りでいい所は小さくでもいいので色ごとにまとめました。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-3
次は胴体でUVマップを作成します。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-4
胴体のUVマップに色を塗りました。
細かくなる部分は大きく設定すると、やっぱり描きやすかったですね。
この後nifへエクスポートをし、
NifSkopeでテクスチャの指定をしても問題ありませんでした。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-5
mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-6
テクスチャの色塗りはこんな感じで重要な所以外はベタ塗りです。
細かい模様や顔部分の位置の調整に、
何回もやり直しましたが勉強にはなったかも。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-7
mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-8
ただミク自体が小さいオブジェクトみたいな物だから
こういう細かい部分を作っても見つけづらいし
自己満足にしかならないような気が・・・。
いや手を抜かないってのが重要なんだ!!・・・多分。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-9
ついでに実験じゃないけどノーマルマップの違いを見てみました。
この画像は色塗りしたタクスチャはDXT1で出力し
ノーマルマップはDTX3で出力したのを使ったミクです。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-10
こちらは色塗りは同じDTX1で、
ノーマルマップもDTX1で出力したのを使いました。

比べると1で出力した方が光の反射がないですね。
以前見かけた記事で、特にテカりや光の反射がいらないのなら
DTX1で出力すればいいというのが書いてありました。

こうやって見ると個人的には1の方が
人形っぽく写ってる様に感じます。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-7
こっちは以前出来上がったばかりに写した画像です。
これはノーマルマップがDTX3なんですけど、
室内の明かりがモロに反射してますね・・・。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-11
そしてこれがDTX1のノーマルマップです。
うう~ん、やはりこういう人形タイプは反射しない方がいいかも。

Blenderちょいメモ 素体メッシュの調整

ねんどろいどミクを制作してる時に
気がついた出来事をメモしときます。
個人用メモなので、つまらないかもしれませんが
その辺はご理解頂けると幸いです。


mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-1
(元画像が大きいので別窓か別タブで開く事をオススメします)
メッシュが出来上がったので、そのままエクスポートをしたら
nifが1.8mと結構重くなってしまいました。

まあ単品なら問題は無いのですが
Oblivionに負担をかけないようにするには
やはり容量はできるだけ小さくしたいと思って削ることにしました。
mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-2
容量が重くなった原因は余分なメッシュを削除してなかったからでした。
見えてない場所のメッシュは特に意味はないので
容量を軽くする為に特に被ってる部分を削除します。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-3
mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-4
この様に見えてる部分はそのままにして
裏側の見えない部分のメッシュを削りました。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-5
見た目的には変化が無い様ですが
被ってるメッシュを削除し、再びエクスポートをしたら
1.8mから1.1mくらいまで抑える事が出来ました。

Oblivionで装備や武器を作る時に素体を削る作業はあるんですが
これがまた地味に面倒なんですよね。
私は装備とかは少ないからいいけど
大量に作ってる職人さんは、こういう作業もこなしてるんだろうな~。
(塵も積もれば・・・って事かな)

クオリティが高くてもOblivion自体が重くなってしまって
せっかくの良い装備をしてるのに、
移動や戦闘にストレスを感じてしまってはもったいない。

クオリティが高い物が作れるわけじゃないけど
なるべく容量を抑えるようにしたいと今後心がけるようにします。
Skyrim ランダムタイトルSS集+α
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
現在時刻
プロフィール

msh

Author:msh
mshのブログにようこそ
ゆっくりしていってね!

このブログはリンクフリーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
StyleKeeper
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる