FC2ブログ

ゲームの自由度って何だ?その2

前回に引き続きゲームの自由度について

今回の紹介するゲームは「グランドセフトオートⅢ」(PS2)です

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!

雑誌でやたら目に付いたので購入したら、個人的大ヒットでした。

ストーリーは主人公が犯罪仲間に裏切られて
復讐の為に色々な仕事をし情報を追っていく・・・みたいな感じだったかな?

このゲームで最初に驚いたのが広大なマップです。
何個か街があるんですけど、基本的に街の中はロードがなくて
(街から街へ移動した時はロードがあります)
その広さと箱庭的な感覚で自由に動き回る事ができるのは
当時かなり新鮮に感じました。

このゲームの自由度は広大なマップと
銃器類や武器を場所を選ばずにぶっぱなせる所です。

よくこのゲームを例に出して「残虐ゲー」に出される部分ですが
あれって一部分を全体かの様に見せてる所もあるから、嫌なんだよな~。

街にいる様々なNPCを武器を使って始末できるんですが
ペナルティもちゃんとありまして、警察に見つかると手配されます。
その状態で捕まると警察署に連行されて武器を没収されます。

また手配度が上がると警察も逮捕より、殺しにかかってくるので
誰彼構わず武器をぶっ放すのはそれなりにリスクがあるわけです。

NPCの一般人を一方的に始末できる事はたしかにできるんですが、
それだけをやってる人ってかなり少数派なんじゃないだろうか?
このゲームの魅力はストーリーを追っていく過程と
そのストーリーを無視して遊んでも全然大丈夫な自由度にあると思います。

私はこのゲームは残虐ゲーの一言で済ますには、
おしい作品だと思ってます。
てか、今もシリーズ化して作品が出てるから、今更言う必要もないかな。

それに前の雑談でも書いた様に
日本と海外では現実世界での状況が違いすぎるし、
(犯罪率や銃等の所持、風景や文化などなど)
日本の価値観ではこのゲームはかなり「非現実的」なんですよね。
なので影響されるってのは、あんまり考えられないんだよな~。

とまあ前回と二つの作品を例に出しましたが
最期に付け加えるのは
「自由度が高いからといって、絶対面白いとは限らない」と思ってます。

最期に何言ってるんだよ!w と感じてる人もいるかと思いますが
実際あんまり自由度が高すぎると、プレイヤーによっては
何をして良いかわかんない人っているんですよ。

これは趣味や趣向の分類に入ると思うので何とも言えませんが、
自由の中で個人の遊びが発見できる人にはオススメできるんですが
目的がはっきり分かってて、先に進むのを楽しむ人には
あんまり楽しむ事ができないのかもしれません。

この辺は批判とかじゃなくて、単純に趣味が合うかどうかって所だと思います。
例えば全世界が絶賛!とか銘打ってても、
やってみて面白くない場合もあるので、
そういう時はすっぱりやめればいいんですw
結局は自分が楽しめるかどうかなんですから。
スポンサーサイト
SkyrimSS集
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
現在時刻
FX初心者でもわかる!達人の勝てるFX
プロフィール

msh

Author:msh
mshのブログにようこそ
ゆっくりしていってね!

基本的に日曜の21時に投稿してます
通常日はきまぐれで更新!

このブログはリンクフリーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる