THE LAST OF USやってみた。

ドラゴンズクラウンが今月に出るので、やっとPS3買いましたw
モニターに繋いだりするのを事前にしたかったので、
PS3を早めに購入したのですが、せっかくなのでゲームも買う事に。

そこで以前から注目してたタイトルを同時に買ったら、
これがまたすごく面白かったので感想でも書きますね。
ネタバレがあるかもしれないので、気になる方はご遠慮ください。


$mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-1
「THE LAST OF US」
機種 PS3
ジャンル サバイバルアクション


ストーリーの概要はwikiからコピペさせてもらいます。
----------------------------------------------------------------
闇市場での取引を生業とする主人公ジョエルは、
武器を巡るトラブルから絶命間際の友人に頼まれて、
初対面のエリーという14歳の少女を
西の避難所へ連れて行く仕事を引き受けることになる。

崩壊後の荒廃したアメリカを旅していく過程で、
二人は“インフェクテッド”(感染者)の脅威と戦い、
そして様々な方法で生き残ってきた他の生存者たちと出会う。
----------------------------------------------------------------

$mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-2
主人公ジョエル(右)は謎の感染病が蔓延する前の世界を知ってる人物で
エリー(左)は崩壊後の世界で生まれ育った少女です。

冒頭は平和だった世界から始まり、
ジョエルは感染病が発生した直後に遭遇し翻弄されます。
ここがまたイベントが泣けるんだ・・・。

その20年後、感染病によって世界は崩壊し
人々は一日を生きるのに必死な環境になってしまいます。

$mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-3
感染病に一度かかってしまうと
“インフェクテッド”(感染者)となってしまい、
二度と元の人間に戻る事はありません。
ゲーム内では人間を見つけると猛烈に襲い掛かってくる敵になります。

$mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-4
しかし敵が感染者だけではありません。
資源が不足してる世界では、他の生存者を襲ってくる人間もいます。
このハンター(敵対者)にも時には戦い、
あるいは逃げないと生き残れません。

$mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-5
世界観はこの辺にして今度はゲーム内のシステムでも。

操作方法はTPSで、結構独特な操作をします。
右のアナログスティックで視点を操作するので、
PS3で初めてやるゲームにしては操作はやりにくかったです。
挙動がリアルに動くので、超人的な動きが無いのですが、
この世界観にピッタリの「リアル感」は出ていましたね。

↑の画像は聞き耳を立てて敵の位置を把握してる様子です。
このゲームはとにかく敵が強い!w
集団で一気にこられると、あっという間にやられてしまいます。

なので気づかれる前に聞き耳を立てて敵の位置を把握し、
後ろから襲い掛かって数を減らす、または敵が通り過ぎるのを待つ。
などのステルス系のアクションゲームだと思っています。

特に銃器類が他のゲームより段違いに頼りない。
というのも資源が不足してる「崩壊後の世界」なので、
銃の弾や治療器具がゲーム内でも手に入りにくい上に、
操作方法と相まって狙いがつけにくく、銃撃戦はかなり危険です。

それでもリアル感が出てるゲームなので
銃で倒せたりすると気持ちよかったりするんだよなぁ~・・・w

$mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-6
ゲーム内での世界観はまさに完璧としか言いようが無い。
崩壊後の世界を見事に表現しています。

イベントの演出などの出来もよく、
私の感想としては「映画の様なゲーム」が
ついにプレイできたと感じました。

$mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!-7
ちょいネタバレになりますが、
ストーリーはジョエルとエリーの崩壊後の世界を巡る物語なので、
いわゆるラスボスがをやっつけてハッピーエンド!では決してありません。

一見すると地味に見えてしまうゲームなのですが、
個人的にはかなり好きなゲームです。
これPS3を持っててプレイしないのは、もったいないですよ!

最後に気になった部分でも。
敵を殲滅しないと先に進めない場所が
いくつかあったのが気になりましたね。

初見では敵をやり過ごそうとして先に進んだのに、
全然出口が無く、仕方なく敵を全部倒したらイベントが進んだ事が。
かと言ってすべてがそうでもなく、敵を振り切って進む場所もあったりして
その見分けがつかなかったのが不満でした。

これらの不満点を含めても、
このゲームは過去にやったゲームの中でも
他に類を見ない作品でした。
スポンサーサイト
SkyrimSS集
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
現在時刻
プロフィール

msh

Author:msh
mshのブログにようこそ
ゆっくりしていってね!

このブログはリンクフリーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
StyleKeeper
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる