PSP用ソフト「剣闘士」の感想など

いつか書くと言っておきながら長らく放置してしまった・・・。
今書かないと一生書かなさそうなので、
今更ですが書かせてもらいます。

この「グラディエーター」シリーズは私は好きなので
感想や次回作への要望を書いて
「剣闘士」の記事を終了したいと思います。

感想はというと、やりごたえのあるアクションゲームでした。
武器防具は豊富で、見た目にこだわる事もでき
武具の性能も強化できるので、やりこめる要素もあります。

このシリーズの弱点でもあるんですが
自由度はまったくありません。
基本的に訓練所から闘技場の往復なので
単調に感じる人が多いでしょう。
格闘アクションが核なので、
そこは好き嫌いが別れるかもしれません。

派手な必殺技もなく、地味に写る部分もありますが
渋い戦い方を好むアクションゲーム好きな人ならアリだと思います。

簡潔ながら感想はこんな感じです。
次に不満点や次回作への要望でも書いてみます。

・不満点はストーリーの終盤で、
戦闘中にカメラ視点を変えれない場所がある所です。
これは終盤なのもあって敵が強い上に
視点を変えれないので戦いにくかったのなんのって・・・。
こういう部分は直して欲しいです。

・それとタッグマッチで組む相方で難易度が
変わるのが厳しいかったですね。
終盤になると闘技場ランクの1位とかが
普通に入ってくるので、
こっちにくるか相手にくるかでかなり違います。

味方の場合は相方が強いと楽なのですが
倒すのが早すぎて
評価ゲージを貯めれずに終わってしまう事もありました。
この場合試合後に貰えるポイントが少なくなっちゃうので
自キャラが育ちにくくなっちゃうんですよね・・・。

逆に敵側に出てしまうと、こっちの味方を瞬殺してしまうので
実質2対1になってしまい、相当苦しい戦闘になってしまいます。
この辺のバランスは難しいとは思うのですが
できたら運には頼らない戦闘をしたいんですね。

・今回の「剣闘士バンク」は非常に楽しかったです。
自分の作成したキャラをネットを介して配信できるので
武器防具の見た目にこだわったり
強いキャラや面白いキャラを考えて育てる楽しさがありました。
こういうシステムは次回作にも残して欲しいかな~。

・後は格闘スタイルに足技主体の格闘スタイルが欲しいですね。
このゲームは足に装備する防具も攻撃力に関係するので、
手技のみの格闘や足技のみの格闘があると面白いかもしれません。

・「剣闘士バンク」でダウンロードできるキャラを
タッグマッチで組めるようになると楽しさが増える気がします。
自分がアップロードしたキャラが敵として出るだけじゃななくて
誰かの味方になってくれると想像すると
また別の楽しさが生まれると思いますね~。

・ミニゲームじゃないんですけど、
育てきった自キャラを思う存分戦えるモードがあるといいな~。
一応バトルアリーナというモードはあるんですが
エキシビジョンで今まで戦った事がある敵と対戦できるだけで
それなら本編でできるので、バトルアリーナはやりませんでした。

そうじゃなくて例えば10人抜きモード、100人抜きモードがあって
クリアしたらレアアイテムが貰えるなどの
腕試し的なミニゲームがあって欲しいかも。

これで書きたい事は大体書いたかな?
「剣闘士」は面白かったので、ぜひ次回作を出して欲しいです。
1ファンとして期待して待っています。ではではお疲れ様でした。
スポンサーサイト

剣闘士バンク登録「貧乏剣闘士メムノン」


mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!

新たに剣闘士バンクにアップしました。
名前は「貧乏剣闘士メムノン」で格闘スタイルは「片手剣」です。

ネタバレになっちゃいますが
このキャラが難易度「絶望」をクリアすると解放されるモデルです。
名前は「メムノン」と言って本編では出ないキャラなんですが、
聞いた事がある名前だったので調べてみると、
前作のPS2「グラディエーター ロードトゥフリーダム」で
序盤に出てきたキャラです。道理で名前に見覚えがあったはずだわ。

だけどかなりの脇キャラなのに絶望クリアで開放されるとは誰得だよ!!!
とまあ最初はツッコんでましたが、
せっかくなので装備品を整えてアップしてみました。

なんと武器は角材!片手盾は木の椅子!!頭は硬いツボ!!!
しか~し鍛え上げた装備品は最早凶器と化したのであった・・・。
前作でもメムノンは奴隷の身分だったので、貧乏という設定にしました。

さてさて、これで剣闘士のプレイは粗方終わった感じです。
7月に入ってからPlayStation®Storeが復旧したので
追加アイテムをダウンロードしてまた楽しんでる最中です。
次にアップするかは未定。気が向いたら報告しようと思います。

次の記事で不満だった場所や次の期待する部分を書いて
「剣闘士」は一区切りつけるつもりです。ではではまた次回へ!

剣闘士バンク登録「シーナ」


mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!
足技主体のキャラができたので剣闘士バンクにアップしました。
名前は「シーナ」で格闘スタイルです。

難易度「絶望」でみっちり鍛え上げたので
かなり攻撃力があります。
それと装備も仕上げてから挑んだので
装備品のパラメーターALL90超えのイカれた数値になっております。

足技主体のスキルを搭載したので
普段の敵よりかは若干戦いにくいかもしれません。
なんとかして足装備を剥がす事が出来れば
戦力はガクンと下がるでしょう。
(それでも素のSTR高いから、技が当たったら痛いけどね;w)

プレイしながら足技を使った感想は、かなり強いと感じました。
足装備を剥がされると攻撃力が下がってしまうのが難点ですが
それでも十分に使っていけるくらいの価値はあると見込んでます。
別の理由としてかっこいいのも重要です。
メーディアのハイキックがかっこよくて、
マリベル(前回のアップキャラ)を作ったくらいでした。

次回は「絶望」クリア時に解放されるモデルキャラを使って
ネタキャラを仕上げてきます。

剣闘士バンク登録「マリベル」

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!
新しいキャラデータを剣闘士バンクにアップしました。
名前は「マリベル」でスタイルは「二刀」です。

前から疑問だった「防具」系の攻撃力の意味が気になったので
防具を作成し、ついでにキャラも仕上げてみました。

mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!
加護について説明した時に少し触れたのですが
装備品には↑の様に攻撃力、防御力、重さが設定されてます。
武器の攻撃力は理解できるのですが
防具(腕や足や兜)に設定されてる攻撃力がいまいち分かりませんでした。

素手の状態で持った時に防具を持つと武器になるのは知っていましたが、
他には効果が無いのかWikiで調べてみると
どうやらスキルによっては防具の攻撃力が関係するそうです。

分かりやすい例を出すと、
格闘スキルのキック系は足防具の攻撃力で
威力が変わる・・・といった感じなんです。

両手に持った武器で攻撃するのが
剣闘士の基本的な攻撃のやり方なので
防具の攻撃力はまったく上げてなかったのですが
キック系の威力を試してみたくて、「マリベル」を作成しました。

防具のパラメーターを見ても分かる通りに
足防具の攻撃力を90くらいまで強化しました。
結果は・・・かなり強かったです。これは意外でした。

「二刀スキル」の威力は低めになってるので
ダメージが低くなるのも仕方ないのですが、
相手をよろめかした時に頭に与えたダメージが
「二刀」使いなのに、二刀スキルよりも
ハイキック(格闘スキル)の方が高かったんです;w。

この結果に好奇心が沸いてきまして
「絶望」クリア時のSTRが高い状態でのキック系のダメージを
知りたくなったしまったので、只今新キャラを作成し育成中です。
出来上がったら、また剣闘士バンクに上げたいと思います。

PSP用ソフト「剣闘士 グラディエータービギンズ」第15回

今回は難易度「絶望」で勝ち上がった過程を書きます。

前の記事で書いたんですが
格闘スタイルの短期決戦で攻略しました。
ハイリスクハイリターンになってしまいますが
ステータスの上げ方も安定とは程遠いやり方でした。

階級別に説明していきますと、
下級~中級闘士あたりはこちらの装備品が整っていれば
そんなに苦労はしません。
むしろ評価ゲージをどう稼ぐかって部分が問題になってきます。

攻撃力が高すぎると相手を倒すのが早すぎて
評価ゲージが溜まってしまう前に試合が終わってしまいます。
時間制限が無い試合なら意図的に稼ぐ事は可能ですが
敵の攻撃力も序盤とは言え、かなり高くなっているので
長引かせるとその分リスクが高くなってしまいます。

この辺の事情を考えて、
最初は平均50くらいの重さと攻撃力を持った武器で攻めました。
防具はステータスのSTRを上げつつ装備していく感じです。
通り名は短期決戦用に「剛力」「鬼神」をつけて
時間制限がない試合は1人を残して評価ゲージを稼ぎ、
時間制限がある試合は速攻で倒して敵を倒した数で稼いで行きます。

序盤のきつい所は興行場を選ぶ事ができない事ですね。
上級闘士から自分で選べる事ができるのですが
序盤は選べないので、試合内容を見てから興行場を変える事ができません。
試合を放棄して訓練所に帰る事はできますが、
難易度が高いほど試合後にもらえるポイントも高くなるので
なるべく・・・というか全試合出る様にしてポイントを多く稼ぎます。

ステータスの上げ方はSTR→END→VITという感じで
基本はSTRを上げて強い装備品を装備できるようにして
次にENDを上げてスタミナを上げてました。

細かい部分で言うと、私の全装備品の加護は
ENDが付いてるのが1個で 後は全部STRを上げてました。
これは私のプレイしてて丁度良いと感じた割合で
まず序盤の一番最初はENDを上げてスタミナを上げます。

通り名の「鬼神」は格闘スキルで止めを刺すと評価が上がります。
しかしスキルポイントを
スキルに割り振るとスタミナゲージを多く消費するので
まずはスキルで止めを刺す為にENDを上げるわけです。
とは言ってもガンガン上げるわけではなく、
スキルを数発撃てるくらいまで上げてからSTRに切り替えます。

ここでEND装備を身につける事ができるまでSTRを上げれば
スキルで止めを刺す分は確保できるはずです。
VITに関しては序盤をあまり上げてません。
攻撃力とスタミナが安定してきたら、VITを上げるぐらいでした。

とにかく序盤の評価ゲージの稼ぎが重要だと思いました
とりあえず攻撃力さえあれば強引に倒して
試合を終わらせる事ができるので、
「絶望」の最初から最後までSTRを優先的に上げました。
STRが100くらいまで上げると
装備品もそこそこ装備できて少し楽になったかな?。

上級~最上級闘士は序盤ほど危ない試合はなかったと思います。
この辺でSTRが200まで育っていれば、
結構強い装備品も身に着ける事もできますし、
通り名の「剛力」のおかげで評価ゲージも稼ぎやすくなります。

装備品は攻撃力防御力重さの数値は70くらいだったのですが
「普通」だとステータスが200が限度だったので
いくらSTRの加護を付けても
装備品を90近くまで重くしてしまうと装備できませんでした。
しかし難易度を上げてステータスの上限も延びたので
STRが200を超えた辺りで平均70の装備品を鍛えていきました。

後半もできるだけSTRを稼ぐようにして、
最終的に「絶望」をクリアし、できあがったキャラが
mshのまったりとしてもっさりとしてむっちりのしわしわのべろべろのウッヒッヒじゃあっ!!
この「イブン」です。
最終的にステータスのSTR350という、脳筋キャラになりました。

高難易度をクリアするポイントは
貴族のイベントが楽なのを選ぶ事でした。
4人の興行主はそれぞれ個別にイベントがありまして
内容も簡単な物から、難しい物があります。

オススメは「ブロシウス」という貴族です。
この人物のイベントは貴族の中でも楽な方でした。

逆に「アクイリア」はかなり難しいと思います。
「アクイリア」のイベントで
暗殺者に襲われる場所があるのですが
こちらは何も装備してない状態で
武器を持った数人と戦わないといけないという
非常に厳しい状況を迎える時があります。

一応武器や防具になりそうな物は落ちているのですが
装備してもたいして戦力になりそうにない物ばかりです。
こんな状況でしかも難易度を上げた状態だと
尚更厳しくなるのも当然だという事ですね・・・。

最後におまけじゃないんですけど、
「絶望」クリアで解禁されるNPCのモデルがあるんですが、
これがまたガッカリだったというか・・・;w
今度そのモデルを使ってネタキャラを作ってみたいと思います。

これで「絶望」に関しての記事は終わりです。
長々とお付き合いくださり感謝です。
「剣闘士」はまだまだプレイ中なので
面白いキャラができたら、また剣闘士バンクに上げるつもりです。

(剣闘士記事は終わったわけではありません、もうちょっとだけ続くんじゃ!)
Skyrim ランダムタイトルSS集+α
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
現在時刻
プロフィール

msh

Author:msh
mshのブログにようこそ
ゆっくりしていってね!

このブログはリンクフリーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
StyleKeeper
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる